読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows用のNASをLinuxから使う の続き(権限の設定)

Unix

前回のようにしてマウントすると書き込みはrootしかできない。これでは不便なので一般ユーザでも書込できるようにする。所有者と所有グループはuidとgid、ファイルのパーミッションはfmask、ディレクトリはdmaskで指定する。

なおUnix上のファイルのように各ファイルごとに所有者やパーミッションを決めることは多分できない。なので通常のホームディレクトリをSamba上のディレクトリにするのはあまり現実的でない。でも個人向けバックアップ用途なら十分だ。

まず試しにすべてのユーザに権限を与えてみる。

# mount -t smbfs -o password=,fmask=777,dmask=777 //Server/Folder /mnt/nas

これですべてのファイル・ディレクトリが777になった。

でも777にしてしまうのは何となく気分が悪い。個人用のマシンのため自分しか使わないならすべてそのユーザのものにしてまう。

# mount -t smbfs -o password=,uid=foo,gid=bar,fmask=755,dmask=755 //Server/Folder /mnt/nas

これですべてのファイル・ディレクトリがユーザfoo、グループbar、パーミッション755になる。